別れの予感に気づいた時、まずすべき事について解説します。

別れの予感に気づいた時、まずすべき事について解説します。

最愛の彼氏と恋愛を楽しんでいたにも関わらず、なんとなくお互いの気持ちが離れていっているような、別れの予感がするという事がよくあります。もしかしたら、このまま破局を迎えてしまうのではないか・・・と不安に苛まれて、毎日眠れない日が続き、友人に相談してもなかなか解決の糸口が見つからないような状況に追い込まれる方も少なくありません。

 

そんな場合、大半の人が、破局を何としてでも阻止するためにがむしゃらに行動をしようとします。どうにかして彼氏の気持ちをつなぎ止める方法はないかと思ってひたすらアプローチをするという行動で頭が一杯になってしまいがちです。しかしこれは逆効果であるという事実をよく認識して欲しいと思います。ではこんな状況に陥った場合、何をすればよいのか?まずは心を静め、何もしないという事に努めることにしてください。

 

そして二人の間にどんな問題があったことが原因であるのかをじっくりと見極めるための時間をとるようにして下さい。そして問題点が判明した場合、はじめてその問題を解決するために行動を起こすようにするようにしてください。

 

確かにこんな不安な状況において、何もしないという選択肢を取ることはとても大変なことです。何もしないことによって不安がどんどん蓄積され、発狂しそうな状況に陥ることさえあるかもしれません。

 

今すぐ、謝罪のメールを送るべきか、自分の今までの思い出を相手に語りはじめたり、友人を味方につけて相談しにいったりと大半の人が、何もしないことに耐えられずに、余計な行動をしてしまうのです。じっとしていられない気持ちは痛いほどよくわかりますが、これらの行動は全て悪い方向へと向かわせてしまいます。だから、今はじっと何もしないことに耐え抜く必要があります。