会えない時間が長くても留守電を利用して距離感をグッと縮める方法

会えない時間が長くても留守電を利用して距離感をグッと縮める方法

夜に家の中で一人でいると不安になることはありませんか?できれば恋人と一緒にいたいのに、お仕事の都合で一緒にいられないという事もあるかと思います。あまりにも不安になりつい電話をしてみたけれど留守電・・・・何度電話をしても電話に出てくれないで、留守録音のメッセージだけが聞こえてくる・・・。さて、こんなとき、あなたならどんな対応をすれば、お互いの距離感をグッと短縮させることがでると思いますか?

 

@メッセージを入れずに無言で電話を切る
Aまた今度電話する
B一体何をしているの?
C帰宅したら電話下さい。電話くれないと、浮気するよ!

 

まず@から順番に解説します。@は、最も良くない典型例です。何もメッセージを入れないで電話を切ると、無言のメッセージが録音されるため、留守電を聞いた相手は、とても不気味に感じてしまい、決してお互いの新密度がアップすることはありません。

 

Aは、自己中心的な対応であり、効果はイマイチです。お互いの男女関係で、あなたのほうが立場が上であることを前提とした電話対応であるので、相手の気分を害する恐れもあります。

 

Bは、自分自身の怒りを恋人にぶつけるという行為であり、やはり相手に良い印象を与えることはありません。この留守電のメッセージを聞いた恋人は、「自分にも大事な用事があったんだから仕方ないでしょ」と気分を害してしまう恐れがあります。

 

Cは、非常に良い方法です。「帰宅したら電話下さい」ということで、相手の都合というのを考えている所が非常に良い対応です。さらに「浮気するよ!」と冗談交じりに言っているところがユーモアセンスがあって素晴らしいです。

 

いかがでしたか?お互い会えない日が続くと、メールという手段を使うというのも良いですが、やはり声を聞くことができないので、味気ないという印象が残ります。だからこそ電話を使うというのが効果的なのです。毎日毎日電話を掛ければ必ず相手が出てくれるというカップルはめったにいないと思います。そんな時は留守電のメッセージを効果的に駆使して、グッとお互いの距離感を短縮するというテクニックを使ってみてください。これぞ男にモテる方法のテクニックの鉄板です。