結婚できない理由を恋愛運の責任にしてはならない真実の理由とは?

結婚できない理由を恋愛運の責任にしてはならない真実の理由とは?

今回の恋愛は、かなり長期間交際が継続できているし、もしかしたら結婚に結びつくかもしれないと大きな期待を抱いている矢先に、突然恋人から「他に結婚したい人がいるから今日限りで別れて下さい」なんて宣告された・・・としたら、立ち直るのにとてつもない多大な時間が必要になるかもしれません。

 

なかには何度も新しい出会いをしては交際をして、すぐに破局をしてまた別の恋人を探すという行動を何度も繰り返してして、一向に結婚に結びつかないという方もいらっしゃるようです。このような状態であっては、かなり自分の恋愛運の悪さを恨んでしまうかもしれません。

 

しかしいずれの場合にせよ、結局結婚に到達しなかったという事は結婚しなくて正解であったと考えるのが無難です。仮にその人と結婚していたとしたら、自分に降りかかっていたであろう様々な問題を負担せずに回避できたと思えば、とても喜ばしいことです。

 

もしかすると、結婚を掴み取ることができないという事実に対して運の悪さの責任にしたくなるかもしれませんが、結局のところ結婚できいという事はあなた自身の結婚相手の選択の仕方に問題があると認識すべきです。

 

つまり、まだ結婚相手の選び方に関して、自分自身で把握しきれていなかったことが残っていたということを意味するという事です。ですので偶然の破局ではなく、必然の破局であると認識すべきです。

 

また結婚に対する認識というのは男女に相違点が見られ、男性は、本当に結婚が必要であると感じない限り結婚しないという考え方を持ち、一方で女性は、結婚する必要に迫られなくても、いつでも結婚したいという考え方ともっている傾向にあります。この点も踏まえて、恋愛という試行錯誤を繰り返しながら、本当に必要な要素を持っている相手を見極めるということを追及していってください。