ローラのプロフィールを公開!恋愛結婚のすすめのサイト管理人

ローラのプロフィールを公開!

はじめましてサイト管理人のローラです。現在私は、婚活アドバイザーとして婚活の悩みを抱える女性を対象としてアドバイザリー業務をしています。今このような他人にアドバイスをするような業務をしている身分なのですが、幼少時代は優柔不断な性格で、一切他人の誘いを断れないような人格でした。

 

ですので自分の理想の男性と思う存分恋愛をしたいという願望はあったのですが、たとえ自分の好みのタイプではない男性からお誘いを受けた場合、どうしても断ることができませんでした。そして体だけが目的で私に近づこうとする男性に遊ばれては捨てられるというあまりにも残酷な経験を繰り返してきました。今までの人生の中での最大の致命的な経験といえば婚活詐欺に遭った事です。

 

ある夜の事です。友人から一本の電話がありました。一流の経営者や資産家が参加するという社交パーティーへのお誘いでした。私は有頂天になって即参加することにしました。そして友人と一緒に都内の高級レストラン会場に向かいました。豪華なシャンデリア、気高い貴婦人のような女性、スタイリッシュなスーツを着こなす男性達が会場に次々と入っていきました。

 

 

理想と言える素敵な男性との

出会いのチャンスが到来

 

しばらく会場で待っていたら立食パーティーが開始しました。そこでは自由に食事をしながら会場の来客達と親睦を深めるというものでした。このような立食パーティーは私は始めてでしたので慣れない手つきで料理をお皿にとったりドリンクをグラスに入れて飲んでいました。

 

そんなとき、ある男性が「ご一緒させていただいてよろしいですか?」と私に声を掛けてきたのでした。振り向いてみたらとても身なりが良いダンディな男性でした。私はまさに自分の理想のタイプの男性で、緊張のあまり頭の中が真っ白になってしまったのでした。自分の趣味の話、グルメ、音楽などいろいろな話をして私は時間を忘れて会話に夢中になりました。

 

いままで恋愛で失敗ばかりしてきた私にとってこの男性こそ本命と言える男性との出会いだと思いました。そして連絡先を交換してその日はすぐにパーティー会場を去りました。それから連日のように連絡をくれるようになりデートにも誘ってくれるようになりました。私はいままで見慣れていた風景がまるで別世界であるかのように見えるほど満たされた日々を満喫しました。

 

 

私の人生が転落するきっかけとなった1本の電話

 

 

それから3ヶ月ほど経過したときの事でした。彼から一本の電話がありました。いつもとはなんだか様子が違うのでとても気になりました。「実は仕事で新規プロジェクトを立ち上げるためにどうしても資金が必要なんだ。200万だけ援助してくれたら助かるんだけど・・・」という事でした。私は、彼のためであれば何でもするつもりでしたので早速彼にお金を援助しました。

 

彼はとても喜んでくれました。それから1ヵ月後にまた彼から電話がありました。「前回のプロジェクトが上昇気流に乗っている最中なんだ。もう300万あれば準備は万全だ。もしプロジェクトが完成したら結婚したいと思っている」私は、ついに彼の口から「結婚」という言葉を耳にしました。

 

きっとこの人なら、私を幸せにしたくれるとずっと待ち焦がれていたのですが、それが実現する日も近いということを肌で感じ取りました。私は当然のことながら資金を援助しました。私はついに理想の男性と結婚できると思うとワクワクとドキドキがとまらず、毎日笑顔が絶えない幸せ一杯の日々を過ごしていました。

 

こうして念願の結婚を目前として過ごしていたわけですが、最近気になる事がありました。それは連日のように電話をくれた彼からの電話の回数がみるみるうちに減っていきました。きっと仕事が忙しいのだからと自分に言い聞かせてあまり電話をするようにワガママを言わないほうが良いと思い、じっと我慢していました。

 

こうして次の彼からの連絡をひたすら待つという日々を過ごしたのですがさすがに連絡が1ヶ月も来ないとなると黙っているわけにはいきません。思い切って自分から彼に電話をしてみることにしました。

 

 

現在その電話番号は使用されていません」

という虚しい音声が部屋に鳴り響きました。

 

 

「ウソ!そんなバカな事があるはずはない・・」私は、もう一度電話をしました。しかし結果は同じでした。私はどうすることもできなくなり、友人に相談しました。すると「結婚詐欺なんじゃない?」と言いました。結婚詐欺の被害に遭遇した人がいるということは聞いたことがありましたが、まさか自分に降りかかってくるなんて夢にも思っていませんでした。

 

私は、500万もの大金を奪われ、騙された経験は今となっても忘れることができない程の辛い経験でした。人間不信に陥り、もはや恋愛することは不可能とさえ思いました。ここまで精神的に落ち込んでしまった私は、どうすれば信頼できる人間関係を構築すればよいかについてひたすら調べることにしました。

 

 

私の人生を好転させる救世主が現れました

 

 

ネットを見ていた時のことでした。婚活アドバイザーと名乗る方のサイトを偶然発見しました。この方は、恋愛でのトラブル、悩みを解決するサービスをしている人であることが判明しました。私は、この人こそ自分の救世主であると思い相談し、いままでの一部始終を話しました。その婚活アドバイザーは私のことをこう指摘してくれました。「優柔不断な性格を直さない限り理想の恋愛関係を構築することは不可能です」まさに自分の弱点を指摘してくれたのでした。

 

私は、この人との出会いによって、今までの苦い経験から立ち直ることができました。そして、軟弱な自分自身の性格をもっと強くするように日々努力し続けました。お陰様で、いまでは悪い男が私の周りには一切近づかないようになり、自分と価値観が合致した優れた人格者ばかりが集まるようになりました。

 

本当に今は幸せ一杯の日々が実現できて笑顔の絶えない毎日を送っています。あれほど辛い経験が、今では笑って話せるようになったのも、あの婚活アドバイザーのお陰です。あの時、婚活アドバイザーに出会っていなかったらと思うと背筋がゾッとします。おそらく、今でも人間不信で、家でひとりぼっちで引きこもり生活を送っていたかもしれません。

 

人生というのは、出会いによって急変するものであるということを身にしみて感じました。私も、私と出会ったことによって他人に良い影響を与えるような仕事がしたいと思うようになりました。

 

そして私は、婚活アドバイザーという仕事を選びました。あの婚活アドバイザーが苦境に陥っていた私を救ってくれたように、恋愛で悩んでいる人を救えるような人間になりたいと心底思うようになったからです。このサイトを訪れたあなたは、きっと恋愛での悩みを抱えているのだと思います。その悩みを解決できるような情報を精一杯発信していきたいと思います。

 

ローラより。