女磨きをし過ぎると本命の男が遠ざかるリスクがある真実の理由

女磨きをし過ぎると本命の男が遠ざかるリスクがある真実の理由

あなたは日々女磨きに全力を尽くしていますか?男からモテるようになるには、誰よりも美しく、誰よりもセンスが良い女性にならなければならないという一種の義務感のようなものに縛られて生きているという女性がほとんどだと思います。確かに男からモテたいという願望は誰であってもあると思いますが、注意しなければならない事があります。

 

私の友人で、女磨きのために次から次へと習い事をしていた子がいます。料理教室、ピアノ、ヨガ、ネイルアーティスト、エステシャン育成スクールなど、女磨きに大金を消費していたのでした。あれも極めたい、これも極めたいということで次から次へと女磨きに手を出して、結局、どれも極めることなく中途半端で終わってしまったのでした。

 

こんなに気合を入れて女磨きに精を出したにも関わらず、合コンに出ても連戦連敗を繰り返し、ついにはバテてしまいました。この子は、これをきっかけに女磨きをほどほどにし、ありのままの自分で生きるという性格になってしまったのでした。料理はそこそこできるのですが、結構ドジでズボラでなところがあるので、このままでは本当に彼氏ができるか不安だと思ったこともありました。

 

しかしこれが思わぬ幸運を呼び寄せることになりました。なんと、ありのままの自分でいることを気に入ってくれる男性が現れたのでした。なぜこの子が気に入ったのかという質問をしてみたところ「ドジでズボラなところがカワイイ」という意外な返事が帰ってきたのです。

 

どうやら男性というのは、完璧な女性を好まないようです。なぜなら、完璧な女性というのは、自分ひとりで何でもできてしまうので、男性の手助けさえ必要なくなるのです。別の言い方をすると、男性の存在は必要がないということもできます。

 

ドジでズボラな女性というのは、「俺がいないと駄目なんだ」と思わせることができるので、完璧な女性よりむしろ、男性から言い寄られる確率が高いようです。あなたももしかしたら、何でも間でも完璧にこなせる人をみて居心地が悪い、嫌な奴だと思ったことはありませんか?

 

すこしくらい欠点があった方が他人から愛されるのです。これは盲点をつく男にモテる方法の事例の一つです。これからは自分磨きはほどほどにして、ありのままの自分を愛してくれる男性と巡り合うという人生を楽しんでみて下さい。