別れの原因がメールである事もあります。メールの頻度は大丈夫?

別れの原因がメールである事もあります。メールの頻度は大丈夫?

メールというのは恋愛関係をキープするためにとても便利な手段です。ただし、メールは使い方によっては逆にお互いの恋愛関係を壊す原因になりかねないという事実は盲点かもしれません。

 

そもそも破局を防ぐためには破局になる状況を作り出さないということが一番であり、もしそれが達成できれば破局に至ることはありません。ではメールが原因で破局を迎えるきっかけになるケースとはどんなケースかについてお話します。それはメール地獄です。

 

すなわちメールを何度も何度も連続で送信するという行為です。とくにメールを送ったにも関わらず返事がないと、不安になり、やたらと返事をしてくれとしつこく何度も何度もメールを送信するという行為を繰り返すと、相手はウンザリしてしまいます。

 

よくあるパターンとしては、例えば「今日は良い天気だね!どこかにお出かけしようか?」とメールを送ったとします。これに対して返事がなかったとき、「どうした?今忙しいの?」「何か急用でもあったの?」「なぜ返事くれないの?」「他に好きなひとでもできたの?もう別れる?」「ゴメン!さっきの冗談!別れるなんて言ってゴメン」

 

こんな感じで、連続で何通も何通もメールを送って相手に嫌がられるケースが非常に多いのです。あなたが仮に受信ボックスを開いたときにこんな大量のメールが来ていたらウンザリすると思います。ですので、連続でメールを送るのは、せいぜい1日2回程度までが限度です。

 

必ず相手の立場を考え、自分の行動によって相手に悪い感情を掻き立ててしまうようなことになるかどうかチェックするように心がけることが、男にモテる方法として重要なノウハウとなります。