男性に好みのタイプを聞かれたら何と答えるのがベストか?

男性に好みのタイプを聞かれたら何と答えるのがベストか?

あなたが好みのタイプの異性と出会った時、必ず相手に聞きたい質問は何ですか?職業、年収、趣味、出身校、血液型・・・好みのタイプであればあるほど、もっとしりたいという強い衝動に駆られることと思います。もっとも気になるのが、好みのタイプの異性だと思います。

 

いざ好みのタイプを聞かれたら、なかなか返事に困ってしまうということもあるかと思います。特に自分の好みのタイプの人から質問される場合は嬉しいですが、好みではない人から質問される場合はとても返事に困ってしまうのではないでしょうか?実は、好みのタイプの人から質問されようと、そうでない人から質問されようと、相手を傷つけずに上手く返事をする方法があります。それは返事の中に相手に当てはまりそうな条件を最低一つ含めておけば良いのです。

 

この条件をいくつくらい含めておけば良いかというと、相手のタイプによって変えれば良いだけです。好みのタイプの人からの質問であれば、接点をできるだけ増やして距離感を短縮するために、条件数を増やすと良いですし、逆に好みのタイプでない人からの質問であれば、最低一つだけ条件を含めておけば良いです。

 

例えば、「真面目、資産家、親孝行、旅行好き、グルメ好き」な人がいたとします。この人があなたに「好みのタイプの異性は?」と質問してきたとします。

 

もしこの人の事が好みのタイプであれば、「一緒に旅行をしたりお食事を楽しめて、できれば真面目で私の事を大切にしてくれる人が好みのタイプです。」と答えてみると良いでしょう。この返事の内容に着目してもらいたい点は、返事の中に@真面目A旅行好きBグルメ好きという3つもの条件を含めている点です。

 

相手と接点が3つもあるということを間接的にアピールして距離を短縮することを狙っているのです。質問してきた相手も、自分と接点が3つもあってドキっとするはずです。これをきっかけに急接近することさえ可能です。

 

逆に、もしこの人が好みのタイプではない人であれば、「真面目そうな方が好みです」と答えてと良いでしょう。この返事の内容に着目してもらいたい点は、返事の中に@真面目という条件一つだけしか含めていないという点です。さすがに一つも条件を散りばめなかったとしたら、相手の気分を害する恐れがあるので、最低一つだけ含めて返事をするというのが無難だからです。

 

いかがでしょうか?このような工夫をして返事をすることが男にモテる方法として使えるスキルであり、相手と急接近することもできますし、そこそこ距離を置きながら無難に乗り切ることもできるようになるはずです。