結婚を人生のゴールと考える女性は離婚率が高い理由

結婚を人生のゴールと考える女性は離婚率が高い理由

女性にとって、結婚をゴールと考えているひとが非常に多いということが判明しました。結婚するために、できるだけエリートと出会える会社に入社し、女磨きをして合コンに参加して、なんとしてでも良い結婚候補を見つけたい・・・という願望がすくなからず女性にはあるようです。

 

女性はこんな思考回路が頭にインプットされているのである程度適齢期を過ぎてもなお独身である場合、結婚に焦りを感じてしまうのです。なんとしてでも社会体裁上結婚だけはしておかなければならないということで、変な男を捕まえてしまい、結局は離婚という憂き目に遭遇する女性が後を絶ちません。

 

しかしこのような結果を招いたのも、結局は焦って結婚をした結果であり、自己責任なのです。特に結婚で失敗する人に多いのが、依存心の高い人です。結婚すれば、旦那が経済的に一生援助してくれるからもう安心と考えてしまうという人に失敗のリスクが潜んでいます。

 

結婚に過剰な期待をしてしまうからこそ、現実とのギャップに悩み、それが不満となって離婚という結果を招くのです。自分は相手に何かしてもらうことばかりに焦点をあててしまい、自分が相手にたいして何かしてあげるということを一切考えなくなると結婚生活は破綻します。

 

結婚生活において重要なのはギブアンドテイクの精神であり、この精神の重要性を知ることが男にモテる方法のカギと言えます。こんな感じで結婚をゴールだと捕らえ、あとは何もしなくても幸せな生活が待っているという甘えた気持ちを持っているとロクなことがないのです。

 

大切なことは、結婚は人生の通過点に過ぎず、結婚してからどんな人生を歩むかということがより重要なのです。なぜ結婚したいのかということをもう一度よく考え直してみてください。