結婚に踏み出せない人はこの2つのパターンに分類できます。

結婚に踏み出せない人はこの2つのパターンに分類できます。あなたはどちら?

結婚をしたいという願望はあるのにも関わらず、なかなか結婚に結びつかないと悩んだことはありませんか?このような悩みがあるという場合は、大きく分けて、2つのタイプに分類することができます。

 

一人でいることを好むというタイプ

まず一つ目ですが、一人でいることを好むというタイプです。どうしても周りが結婚し始めると、自分も結婚しなければならないのかという気持ちになってしまうかもしれませんが、あまり結婚に乗り気がないというのが本音であるというケースです。

 

このようなケースは、仕事もプライベートも順調で、毎日が充実しているという方が該当します。自立している性格ですので、あえてあなたをささえてくれる男性というのは、あまり必要でないからというのがその理由なのかもしれません。

 

ですので、仮に結婚適齢期であるとしても、今の生活が充実しているのであれば、周りに流されずに、今の生活ペースを貫くという選択肢を選ぶというのが重要です。

 

結婚に対してトラウマを抱えているというケース

一方2つ目のケースですが、これは結婚に対してトラウマを抱えているというケースが該当します。過去に恋愛で苦い経験をした、片思いばかりで全く進展しないで諦めてばかりいた、という場合は、その苦い記憶が頭のなかに残り続けるため、なかなか結婚に踏み出せないというケースです。確かに人間だれでも傷つくのは怖いですし、失敗は回避したいと思うはずです。

 

これがネックとなっているのが原因です。
このようなケースの方は、できるだけプラス思考に考え方を改めるようにするのが今後の人生に大きく役立ちます。