結婚までいくカップルと恋愛で終わるカップルは一体どこが違うか?

結婚までいくカップルと恋愛で終わるカップルは一体どこが違うか?

世の中には、長期間交際をしたにもかかわらず、結婚に至らずに破局するカップルもいれば、美人でモテモテであるにもかかわらず結婚できない女性がいる反面、あっという間に短期間で結婚までいくカップルが存在するのも事実です。

 

ここだけの話ですが、恋愛で終わるカップルと、結婚までいくカップルというのにはある特徴があるという事実が判明しました。それについてお話します。男女の関係には大きく分けて3つのパターンが存在します。

 

損得感情で交際するパターン

相手の男性を選ぶ基準として、一緒にいれば自分が得をするからという理由で相手を選ぶケースです。たとえば、年収、学歴、社会的地位、ルックスなどです。年収、学歴、社会的地位が良い男性と交際すれば、経済的な面で自分にメリットがあります。

 

ルックスの良い男性と交際すれば、周りの人に自慢できるしチヤホヤされるというメリットがあります。いずれにしても、自分が得をするからという自己中心的な考え方が前提として交際をしているので、長続きはせずに、精神的に満足のいく交際は不可能vです。会話のない冷めた関係になるケースがもっとも多いケースです。

 

快楽の関係

一緒にいて快楽が得られるからという理由で相手を選ぶケースが該当します。例えば、趣味が合う、体の相性が良いなどが典型例で、お互いの快楽があるからこそ継続するという関係ですので、若いうちはこれでも良いのかもしれませんが、長期的に考えると、破局をするというケースが考えられます。ダラダラと交際を続けたわりには、結婚に至らないというケースが多いです。

 

役割分担の関係

男性と女性としてのお互いの役割を果たし、最良のパートナーと思える人、お互いを高めあい、尊敬しあうことができる人を交際相手にするケースが該当します。例えば、仕事の良き理解者であるか、精神的な面で支えになってくれるか、等が例として挙げられます。実はこのケースこそが、結婚に至る確率がもっとも高いケースとなります。結婚というのはお互いが協力をして作り上げていくものです。

 

当然お互いのことを尊敬し、心底信頼できる人間関係が構築されていることが前提でよい結婚生活が遅れるわけですので、このケースを前提として出会った相手こそ、理想の結婚相手になると考えるべきでしょう。墓に入るまで一緒に居られる相手をぜひとも最良のパートナーとして選び抜いて下さい。