結婚ができないという焦りを表に出すと結婚難民になる理由

結婚ができないという焦りを表に出すと結婚難民になる理由

女性達の間では、一般に結婚適齢期というのが30才前後だといわれているようです。この適齢時期に本命の彼氏がいなかったり、結婚を考えていないとなると、焦りを感じてしまうというのは否定できません。周りの子が次々と結婚していき、次第に合コンやお食事会の話もなくなってきて、だんだん出会いのチャンスがなくなってくると焦っている感が表にでてしまう傾向にあります。

 

しかしこれは絶対に避けなければなりません。どれほど美人で性格がよくても結婚を焦っている女性をみると男性は萎えてしまうというのが本音のようです。しかも婚活詐欺に遭いやすい女性のタイプもこのケースなのです。

 

結婚を焦るがゆえ、結婚を前提としてお付き合いしたいというデタラメをいって女性に近づく婚活詐欺師のカモになってしまう確率がグッと高まります。ですので、焦っている感を一切ださないように演じることが重要になってきます。

 

特に女子アナなどに多いのですが結婚に対する焦りを出さずに結婚に持ち込む必殺技をうまく駆使している方が多いようです。仮に「なぜ独身なの?」と質問されても「今は仕事が充実していて毎日がとても楽しい」と笑顔で答えることができるということが決め手です。

 

ここで「なかなか出会いがなくて・・・」とか「いつも変な男にだまされてしまう・・・」という発言をしてしまうのと一発アウトです。自分自身が魅力が無いということをアピールしたところで男性はあなたに振り向こうとしません。むしろ魅力の無い女性はお断りしますというような態度をとられすことさえあります。

 

ですので、たとえ結婚できずに焦っていたとしても余裕たっぷりの態度で明るく対応するということを心がけましょう。この心構えを持つということが素敵な男にモテる方法といえます。