エリート男の結婚したい女性の条件は家庭的な女性とは限らない理由

エリート男の結婚したい女性の条件は家庭的な女性とは限らない理由

以前はエリート男性というのは、しっかりと育児、家事ができる家庭的な専業主婦志向が多かったというのが現実です。とにかく控えめで旦那に一歩譲るという感じの家庭的な女性が人気がありました。確かに結婚したい女性の条件とはどんなタイプですかという質問に対して、家庭的な人という回答は依然として多い部類に入ります。

 

しかし近年、状況が変わってきました。ある大手企業に勤める男性から相談を受けたときの事です。今結婚を前提として交際している女性がいて、確かに家庭的で性格の良い人物なのですが、自分の精神的な支えになってくれないのが不満なのだそうです。

 

大手企業の係長という事で、仕事は激務ですし、接客や残業で肉体的にも精神的にもつらく、仕事でよく行き詰ることがあるということでした。仕事がうまくいかずに、悩んだり、出世争いの激しい同僚とは腹を割って悩みを打ち明けることさえできずに一人でもがき苦しんでいるのでした。

 

このような状況でも、弱気になった自分を勇気付けてくれて、背中を押してくれる人が必要であるということをぼやいていました。できれば彼女がそのような悩みの相談相手になってほしいのですが現在の彼女は、仕事のつらさを理解できる相手ではないですし、ただカワイイだけの女性ということで、良きパートナーとは言えないとことでした。

 

もちろんなんでもかんでも完璧で非の打ち所の無い女性を求めているわけではありません。少々ドジな部分があるくらいのほうが良いかもしれません。それでいて、男性が精神的に悩んでいたら、きちんとアドバイスをしてあげて、勇気付け、悩みや不安を一緒に分かち合ってくれる女性こそ、今の時代には求められているのかもしれません。

 

もし男性に、悩みを打ち明けられたらきちんとあなた自身の意見を正々堂々と告げて男性を勇気付けて、あなたならきっとうまくいくということを洗脳してあげてください。

 

このような、男性に共感してくれるパートナーこそが最良の結婚相手として求められる女性像となりつつあります。ぜひとも結婚したい女性の条件をクリアできるように良きパートナーとなれるスキルを習得することに全力を尽くしてください。