復縁の方法パターンE:忙しさが原因で彼氏と別れた場合の対処法

復縁の方法パターンE:忙しさが原因で彼氏と別れた場合の対処法

社会人というのは朝満電車に乗って仕事に向かい、ひたすら接客に上司に頭を下げて、ようやく帰宅したら疲れて寝るだけという生活を送っている人が大半を占めているのが現状です。こんな厳しい環境の中で恋愛を継続させていくのは本当に大変なことです。いつの間にか、連絡が途切れて、自然消滅してしまったというカップルも私の周りにも何人もいます。

 

恋愛が始まったころはテンションがとても高く、何事もうまくいくと自信満々であったと思いますが時間がたつと、ピンチが訪れて、いつの間にか恋愛に悪影響を及ぼしてしまった・・・という経験はありませんか?

 

中でも恋愛を破滅させてしまう原因が仕事の忙しさであるケースが多いです。仕事が忙しいとゆとりがもてずに、心が弱まってしまいます。仕事に支障をきたすと、彼氏に連絡とらなくなっていくというケースが多いのが現状です。その理由は大きく2つあります。

 

彼氏への気遣い

一日中仕事のことばかり考えていて、しかも仕事がうまくいっていないとなると、会話のネタがぼやきばかりになってしまい、彼氏にぼやきネタを暴露しても、きっとウザがられてしまうという不安が原因で、なかなか話を切り出せないというケースです。これなら会話をしないほうがマシなのではないかと思って、会話をすること自体を躊躇してしまうのです。

 

連絡する事自体への疲れ

会話しようと思ったけれど、会話をする事自体に疲れてしまって、会話をする気力すら無いという状況に陥っているケースです。人間、心底疲れているときは、ぼやくことすらする気力がなくなり、誰とも会話をしたくなくなる傾向にあるので仕方ありません。

 

あなたの彼氏がこのような状況で忙しくて大変である状況である場合、会話が疎遠になったとしても、決してあなたが悪いというのではありません。原因は、彼氏の心に余裕が無いがために、あなたのことを一緒にいると面倒で疲れる人だと勝手に解釈してしまう事にあります。こんな場合こそ、あなたの支えが必要になるのです。

 

彼氏が辛い状況にあればこそ、あなたが支えてあげればよいのです。あなたが辛い状況にあればこそ、彼氏に支えてもらえばよいのです。お互いが支えあってこそ良い彼氏関係が構築することができます。今は、あなたが彼氏を支える番になったということです。

 

決して相手の負担になることは決してせずに、自分にできることがあれば何でもするという姿勢こそが大切です。実際にどんなアクションを取れば、彼氏はあなたの元に戻ってきてくれるかについてお話します。ポイントは3つです。

 

決して相手を責めない

彼氏は忙しくなりたくて忙しくなったというわけではないので、なかなか連絡が取れなくなったということに対して、申し訳ないと内心思っているはずです。ですので、決して相手を責めるようなことをしないようにしてください。

 

メールを利用する

メールを使う方法ですが、ひとつ注意点があります。返事を強制するようなメールは一切送らないように心がけなければならないということです。彼氏に「どうして連絡してくれないのか?」「なぜ相談してくれないのか?」などと問い詰めるようなことは決してしないようにしましょう。

 

彼氏の忙しい境遇を理解しているのであれば当然ですが、あなたが生存していることを伝えるだけにとどめるようなメールの内容にすることが無難です。

 

日常にあるたわいもないネタでメールを送ってみると予想以上に良い反応が返ってくるかもしれません。例えば「今日新規オープンしたお店でおいしい食事をしました」というような緊急報告のような幹事で返事を求めないようなメールにしましょう。

 

深夜に電話をする

彼氏の帰宅する時間より1時間程度後の時間帯に電話をするという方法です。帰宅直後に電話をすると、彼氏は疲れ果てていて電話に出る気力すら無いですので、1時間くらい落ち着いたころに電話をしてみるのが良いです。

 

頻度としては毎日では相手が電話対応に疲れてしまうので、週に1回程度が無難です。電話の内容はできるだけ手短に、必要最小限にとどめてできるだけ明るいネタを選ぶようにしましょう。忙しい時にこそ、どれだけ相手を気遣い、どれだけ支えることができたかという部分は、今度一生のパートナーになるかどうかという重要ポイントになります。

 

ここで自己中心的に自分の欲望ばかりをぶつけたりすると、別れを宣告される可能性が非常に高いですが、逆に支えきることができると、結婚に至るカップルも多いです。

 

実際に、私の女友達の話なのですが、彼氏が仕事で忙しく4ヶ月も会っていないで、メールも送っても返信もないという状況が続き、不安になったけど、仕事が落ち着いたころ彼氏のほうからメールが届いたという事でした。

 

「忙しくて返事ができなかったけどいつも癒してくれて本当に感謝しています。決してわがままを言わずに辛抱しつづけてくれてありがとう」というメールだったそうです。そして、その後、正式にプロポーズされて無事ゴールインを果たしました。

 

結局は、相手に対していかに気遣いができるかが今後の恋愛関係及び復縁の可能性に大きく影響するということです。あなたの腕の見せ所ですのでぜひとも辛抱強く彼氏を支えてあげて下さい。これこそが本命の男にモテる方法です。