デート何回目でエッチすべきか?彼氏との良好な関係を構築する基準

デート何回目でエッチすべきか?彼氏との良好な関係を構築する基準

念願の彼氏ができると、毎日がバラ色になります。今まで見ていた景色がまるで別物かのように違った風景に見えます。今度はどんなところでデートをしようか、どんなお食事をしようか・・・などなどワクワクとドキドキがとまらない人生を最大限楽しむことができるようになります。

 

そして、次の関門である何回目のデートでエッチを許そうか・・・ということで悩んだりしませんか?安易にエッチを許してしまっては、軽い女だと思われて遊ばれてしまうし、もう少し先延ばしにしたほうが、彼氏に大切に扱ってもらえるかもしれないし、だからといって、長期間ジラしてばかりいるのも進展がないので、彼氏に嫌われてしまうというジレンマに陥ってしまう女性が少なくありません。

 

実は、何回目のデートで肉体関係を結ぶべきかどうかという基準というのは存在しません。より大切なことは、肉体関係を持った後の生活の方なのです。特に女性にとっては体を許すという行為は、男性にすべて自分をささげる行為であるという認識が強いため、一度肉体関係をもってしまうと、奴隷のように彼氏の言いなりになってしまうという方が非常に多いようです。

 

中には、都合の良い女になってしまって、彼氏が会いたいというときだけ呼び出されて会ってエッチをするという、まさに体だけが目的で付き合っているという関係になりかねません。こんな状態に陥ってしまった場合、どうすれば立場を逆転できるか?実は、現段階では彼氏の方が立場的に優位に立っていますのでこれを覆すという方法がもっとも効果的な方法です。

 

彼氏が会うために呼び出してきたとしたら、断固としてお断りをするのです。そして電話はこちらから切ってしまって、ひたすら会う約束を断りつづけてみて下さい。彼氏は、自分の言いなりにならない彼女の言動にビックリしてしまい、今後は彼女を大切に扱うように反省するはずです。要するに、「一度エッチしたというだけで自分の奴隷だと思うなよ!」という強気の態度をもって対抗すればよいのです。

 

恋愛は男女とも対等な立場にあってギブアンドテイクできる関係をキープすることが男にモテる方法であり、恋愛関係を長続きさせる秘訣です。