別れの予感がする時のNG行動@:こんな友人の意見は聞いては駄目

別れの予感がする時のNG行動@:こんな友人の意見は聞いては駄目

彼氏との関係が悪化していて別れの予感がする時、あなたはどんな行動に出ますか?自分ひとりで解決しようと思ってもなかなか解決策が思い浮かばなかったとしたら、どうしても友人に相談にのってもらうしかなくなってしまうのではないでしょうか?

 

困った時の友人の存在というのは本当に貴重なもので悲しいときは、その悲しみを一緒に分かち合ってくれますし、怒りを覚えたときは、その怒りを一緒に分かち合ってくれるので精神的にずいぶんと楽になると思います。ただ気をつけなければならないことがあります。

 

友人に相談に乗ってもらうのは良いのですが、自分と彼氏のどちらが悪いのかという問題に直面した場合、仮に彼氏のほうが悪いという意見が出た場合は要注意です。なぜなら一度彼氏のほうが悪いと思い始めると、彼氏に対する不信感が増大してしまうという結果をもたらしてしまうからです。特に女性同士の恋愛相談には要注意です。

 

女性というのは女性の視点でアドバイスをする傾向があるので例えば「彼氏が2回もデートをドタキャンしたの」と言うと周りの女友達は「そんな彼氏最悪だよね!別れたほうが良いよ」という具合に、徹底的に彼氏を悪者扱いしてしまうことがあります。

 

もしかしたら、彼氏のほうには本当に忙しくてデートできなかったのかもしれないので、その理由を確認することすらせずに彼氏を悪者扱いしてしまうのは問題です。こんな恋愛相談をした後に、彼氏に会ったとすると、頭の中は「彼氏がすべて悪い」という前提で会話がはじまってしまうので、下手すると、本当に別れ話になってしまう可能性も否定できません。

 

彼と一緒にいる時間が本当につまらない、またデートをキャンセルするのではないかという不信感ばかりが頭の中でよぎっているので、もう最悪です。ですので、恋愛相談というのは本当に気をつけましょう。

 

恋愛相談をするくらいなら、むしろ楽しい会話をして笑っていたほうがよっぽどあなたの人生にプラスになる可能性が多いです。